秘書採用
スポンサードリンク

秘書検定2級クリアテスト
スポンサードリンク

秘書検定クイックマスター(2級)改訂版

秘書採用や募集方法

秘書採用や、募集方法などはインターネットを確認すると気軽にチェックすることができます。また、求人情報誌にもよく掲載されています。いまでは求人情報誌も無料で配布されていますので、秘書採用募集などは簡単に見つけることができると思います。
秘書には、企業秘書や法務秘書、特別秘書、医療秘書などさまざまな秘書職があります。秘書を採用するために重要な要素や注目点などがあるのですが、この秘書採用情報は大変ためになることが多いので秘書になりたいと思う方はぜひ一度この情報に目を通してみてはいかがでしょうか。
秘書求人情報は、anやDOMO、fromA、タウンワーク、バイトルドットコム、fromAnavi、アイデム、クリエイトなどさまざまな媒体でチェックすることができるのですが、いつも秘書を募集しているわけではなく、しかもどれも競争率が高いということもあるのです。それぞれにホームページを持っているので、ぜひインターネットでこまめに求人情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

マンガでわかる秘書検定2級〈完全攻略〉  ひとりで学べる秘書検定2級・3級テキスト&問題集

秘書は派遣が多い

秘書採用は、新卒として採用されることはとても稀のようですね。秘書や受付業務という職種は、実務経験のあるスタッフを派遣会社に依頼することが多いのです。そのため、派遣会社に登録している方が秘書や受付業務を行うことが多いのです。また、社長秘書のみ正社員となりその他の秘書は派遣社員という企業も多いようです。この場合の正社員は、総務部所属ということも多いようなので、総務部に希望をして秘書業務に興味があるという旨を伝えてみるのも良いかもしれませんね。もちろん、これは会社によって異なります。秘書全員が正社員という企業もあるので、就職したい会社がどうなっているのかなどもチェックしておく必要があります。
また、秘書採用サポートに特化した採用支援会社などもあります。採用支援会社のセレッテでは、独自の秘書研修講座や、秘書を募集している企業の方などさまざまな方が利用できる会社となっています。このような秘書採用サポートを積極的に受けてみるのも秘書になる近道となるかもしれません。

欠かせない秘書になるための情報収集

実際に秘書に採用された方のブログやホームページも参考になります。
秘書に採用された方の中には、本人の性格が明るいからという方もいました。たしかに、暗い秘書は企業全体も暗く見えたりしてしまうこともありますよね。ぜひ、実際に秘書を勤めている方のブログも参考にしてみてくださいね。秘書になるための秘訣を学べるかもしれません。
秘書採用情報や、秘書採用サポート、個人のブログなどそれぞれインターネットで確認をすることができます。秘書になりたいと思う方は意外に多いのですが、秘書の求人情報は少ないものです。ぜひ、この機会にいろんな情報を得て秘書になるための情報収集をしてみてはいかがでしょうか。

秘書採用